ネコ用のドライフードについてですが、うちの猫

ネコ用のドライフードについてですが、うちの猫はホームセンターやドラッグストア等どこにでも売ってるドライフードだと膀胱炎(ストルバイト結石? )になりやすいようで、かかりつけの動物病院でロイヤルカナンのpHコントロールというドライフードを薦められ、今日までそれを与えています。 しかし、普通のドライフードと比べ値段が5倍近くするため正直かなりの出費となってしまいます。 何とか同じような効果のある安いドライフードが無いかと探しているのですが、ヤフーショッピング等では「尿路結石 猫用」等のキーワードで調べてもロイヤルカナンばかり出てきてしまい代わりになる安い物が見つかりません。 何かおすすめのロイヤルカナンpHコントロールに代わる安いエサは無いでしょうか?

ロイヤルカナンを与えているのですね(^^; PHコントロールは確かに高いです。 現在、飼っておられる子は膀胱炎や結石症なのですか? 健康体であるのなら、ロイヤルカナンの一般食でいいと思いますよ(^^; 普通のフードで5倍と言うお話ですが、そこまで安いと粗悪の物を一般と仰っている感じですね!? 国産のフードはプレミアムに比べれば格安ですが、欧米に比べて規制が緩く、粗悪な物が多い事も事実です。 更に、健康面についても配慮が足らない事は言うまでもないでしょう。 結論からすると、あなたの求める価格で良質な物は?????な感じです。 健康面を気にされる飼い主さんは、いずれもどこぞのプレミアムを与えています。 プレミアムの価格は多少の差こそ有っても大差が無いのが現実です。 プレミアム

であれば、いずれのメーカーも2㎏で2000~2500円前後でしょう。 その中でも、PHコントロールの様な医療食は50%高前後となります。 ロイヤルカナンの一般食なら2㎏で2000円中盤程度(2400~2500)です。 PHものだと3500~3600円程度でしょう。 既に、ロイヤルカナンは食べているのでしょうから、一般食でも抵抗は無く切り替えられると思います。 一般食に切り替えれば、35~50%程度のコストダウンは安全に出来ます。 健康を維持してあげる事が目的であるのなら、プレミアムフード内で安い物を検討してあげてください。 末永く元気で居てくれるといいですね(^^/

2012年式の450HのRXFスポーツに乗っています。 オークションでBBSのホイールが出ていますがマッチングに詳しい方教えてください。 245/45 R19 8.5Jx19 +30 114.3 ハブリング装着済内径60mm程 5穴 と出ています。問題ありませんか? http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m172833859?notice=mdrs&md=1

ノーマル車高ではフロントが微妙なところですね。純正7.5J+35よりも17.7mmのツラ出しとなります。初代RXの場合は、純正7.5J+35を基準に「前15mm/後20mm」程度のツラ出しまでが車検対応レベルです。少し車高を落とせば車輪が引っ込むので、車検も問題なくクリアできると思います。しかし、車両によって個体差ありますし、装着するタイヤ銘柄によっても変わってくるので、収まってしまうかもしれません。これは実車を計測してみないとわかりません。以下、カッコ内が純正を基準としたツラ出し寸法です。 <ツラ出し寸法> 純正:18×7.5J+35(±0mm) 推奨:19×8.0J+30(+11.35mm) 候補:19×8.5J+30(+17.7mm) もしもハミ出してしまったら、片側10mm(両側計20mm)のオーバーフェンダーが認められています。本当はネジ止め必要なのですが、皆さんフェンダ��

�モールで対応されています。その他、PCD114.3×5穴、ハブリング内径60mmはバッチリのマッチングです。ナットは純正ナットは使えませんので、別途「M12×P1.5テーパーナット」をご用意ください。 次にタイヤですが、候補のタイヤだと外径がちょっと小さいですね。車検では時速40キロ時のメーターと実速度の差が-22%~+6%の誤差の範囲に収まっているいる必要がありますが、これについてはクリアできています。しかし、特にSUVはややタイヤ外径が大きいぐらいの方が見栄えは立派に見えるので、恐らく245/45R19を装着すると貧相な見栄えになると思います。以下、カッコ内が純正18インチを基準とした外径比です。 <タイヤ外径比> 純正:235/60R18 外径739mm(±0%) 推奨:235/55R19 外径741mm(+0.2%) 候補:245/45R19 外径708mm(-4.2%) その他ご不明な点��

�ありましたら、追加でご質問ください。